ぽるとのおすすめ紹介

● 保険見直しのプロ集団『保険の優等生』
生命保険の無料相談ができるサービスです。新規加入から見直しまで、保険はプロに相談する時代です。

●  今すぐ使える生命保険営業トーク
高額なセミナーに参加するくらいなら、こちらのトークを身につけたほうがずっといいです。『自分自身のため』よりも『お客さまのため』に身につけるべきトークです。⇒レビュー

● 「デキる」営業マニュアル
『お客さまのために』デキる営業マンになりませんか?私は目指してます。半端なテクニック論や自分本位の飛び込み、テレアポ・・・ご迷惑となりますから。

2009年03月03日

健康診断で『貧血要治療』!加入できる?

「健康診断で貧血が出てるんですけど・・・」という方との面談でした。今日はこの件について、デス。

【今日のご相談者さま】
28歳女性(独身)

【ご相談のきっかけ】
お客さまからのご紹介

【ご相談の内容】
現在加入しているのは、就職した時に勧められて加入した生命保険。よく分からずに加入したが、もっといい保険があるのでは・・・?でも、健康診断で『貧血要治療』。

ええ、特に女性に多いんですね。健康診断で貧血が出ている方。

生命保険は加入する際に健康状態を正直に記入しなければなりません。これを『告知』といいますよね。

この『告知』にウソや誤りがあったりすると、入院した時に給付金が受け取れなかったり、保険会社から契約を解除されたり。

数年前にはこれが某保険会社において組織的に行われたり、業務停止があったり・・・なんていう余談は置いといて。

この『告知』、健康診断での指摘については過去2年分が問われることになります。↓だいたいこんな感じで。

過去2年以内に健康診断で『要治療』『要経過観察』『要再検査』に該当するものがありますか?
1.はい  2.いいえ  3.受けていない

今日お会いした方の場合は『貧血要治療』。すなわち、『はい』を選択しなければならない、と。そして、同様に告知をしなければならない方っていうのが、意外と多いんですね。

私は生命保険に関するメール相談なんかもやってるんですけど、告知に関するご質問ってのは結構多いんです。特に女性の貧血については、他に比べても多いと思います。「加入できますか〜?」って。

『ケースバイケース』としか言いようがありません(元も子もない感じもしますけど)。「加入できますか?」っていうご質問に対しては、誰も責任を持って回答することはできないでしょう。

これはもちろん、貧血に限ったお話ではないです。告知があったら『ケースバイケース』。まぁ、治療の有無や経過に関する詳細をご提出いただいた上で再診査か、即謝絶(加入できない)か・・・どちらかでしょう。

私の場合は、保険会社に「このような告知のある方がいらっしゃるんですけど、どんな手順がベストですか?」という感じで質問します。お申込みをいただく前にできることがあれば、お客さまの負担も少なく済みますからね・・・。

っと、どうも上手にまとまりません。ブログって難しいなぁ(笑)。


今日の記事、少しくらいはお役に立てましたでしょうか・・・?
できたらクリックしていただけると嬉しいです。 ⇒人気ブログランキングへ

コメント、トラックバックはご自由にどうぞ。
(こちらの判断で削除させていただく場合があります、ご了承ください)

もっと保険に関する情報をお探しなら・・・⇒保険の情報探し!


ぽるとのおすすめ紹介

● 相談だけでもいい保険サイト
「生命保険の相談をしてみたいけど、しつこく勧誘されそうで・・・」。そのような心配をされている方に人気のサイトです。ネット上で、匿名で無料相談をができるサービスです。お名前、ご住所、お電話番号など個人情報を問われないので、「本当に相談だけ・・・」という方におすすめです。生命保険の相談は、先延ばしにしても何ひとつ良いことはありません。気軽に、早めに相談してみましょう。

●  今すぐ役立つ営業トーク
高額なセミナーに参加するくらいなら、こちらのトークを身につけたほうがずっといいです。『自分自身のため』よりも『お客さまのため』に身につけるべきトークです。100%は無理ですが、決定率90%程度ならクリアできると思います。また、紹介依頼をしなくても本当に雪崩のようにご紹介をいただけるようになりました(決して大袈裟ではありません)。

● 「デキる」営業マニュアル
『お客さまのために』デキる営業マンになりませんか?私は目指してます。半端なテクニック論や自分本位の飛び込み、テレアポ・・・ご迷惑となりますから。

posted by ぽると at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月02日

親がずっと掛けてきた保険

今日は、『お母さまが保険料を払っている』というお客さまだったので、この件にスポットを当てようかなと思います。『こども保険』も今日の内容ではあるのですが、それはまた後日にしましょう(早くもネタ切れを懸念)。

【今日のご相談者さま】
ご主人:28歳 奥さま:27歳 お子さま:1歳

【ご相談のきっかけ】
お客さまからのご紹介

【ご相談の内容】
ご主人の保険は、子供のころからお母さまが掛けてきたもの。奥さまは医療保険のみ加入あり。こども保険を考えているが、その他についても今回は考えてみたい。

ご両親が保険料を払っているというケースは意外と多いです。せっかく払ってくださってるんですから、それは続けていただきましょうよ。ラッキー!(笑)

でも、それとは別に自分でも保険には加入しておきましょうよ、っていうのが本音です。

こう言ってしまうのは心苦しいのですが、ご両親はいずれ、保険料を支払うことができなくなるかも知れません。いや、その可能性が高い。だって、その保険が更新型なら保険料が高くなっていくし、ご両親が亡くなってしまった後のことも想定しなければなりません。

その時・・・つまりご両親が保険料を払うことができなくなった時、あなたが選ぶ選択肢は、たったの3つしかありません。
 1.ご両親が掛けてきた保険を継続する(自分で支払う)。
 2.別の保険に加入しなおす。
 3.保険を解約する。

おそらくですが、2を選択される方がほとんどでしょう。なぜならこのような事例の多くは、『お父さまやお母さまの知り合いから保険に入っているから』です。もしくは、農協とか郵便局(日本郵便?)とか、いずれにしてもお付き合いがほとんどだから。

どうしてお付き合いだと別の保険への加入を考えるのか?というと、急に出費が増えるからです。毎月または毎年、継続的に支払っていくものですからね。

そうなると、「どんな内容なんだろ?」って考えません?考えますよね。で、担当者とかを呼んで、内容を確認してみるわけです。そして、「もっといい保険があるんじゃないの・・・???」という流れですね。

担当者はラッキーですよ。これまたラッキー(笑)。保険の営業マンっていうのは、古い契約を継続してもらうより、見直して新しい契約になったほうがいいんですから。あ、これは余談ですが。

それで、新しいプランとかを用意してもらうわけです。さらに、他の保険会社の資料なんかも取り寄せてみたりするんじゃないですか?「もっと安い商品があるかも」なんて。。。

そんなこんなで、見直しをする。そうなる可能性が非常に高いと思われます。

「別に・・・それでいいんじゃないの?」ってお考えになるかもしれません。でも、ちっとも良くないからこうして書いているのです。何が良くないのか、分かりますか?

簡単にいうと、『ご両親が保険料を払うことができなくなるのがいつなのか、断定できないから』です。

たとえば保険料。言うまでもないことですが、生命保険の保険料っていうのは、年齢が増すごとに高くなっていきますよね。何年後に見直すかが分からないということは、30年後とかかもしれません。30年後・・・保険料は相当高くなると思いませんか?

「じゃあ、5年後とか10年後とかなら、そんなに高くならないんじゃないの?そのくらいまでは払ってもらって、そこからは自分で払うようにするとか・・・」

そうですね。じゃあ、そうしましょうか・・・と言いたいところなんですけど、実際に問題なのは保険料のことじゃないんです。保険料なんて、本当はどうだっていいんです。(言いすぎ)

本当に大切なのは、健康状態なんです。生命保険っていうのは難しいもので、誰でも加入できるものではありませんよね。健康じゃないと入れない。

それは30年後とは言わなくても、5年後だろうと1年後だろうと・・・極端な話、明日のことだって分からないものです。

もちろん大きな病気にかかってしまって見直しが困難になる場合もありますし、健康診断でちょっと指摘されて見直せないことも考えられます。

つまり言いたいのは、『見直したいときに見直しができるとは限らない』ということ。これは分かっていただけると思います。

では、ちょっと戻ります。↓ここまで戻ります。

その時・・・つまりご両親が保険料を払うことができなくなった時、あなたが選ぶ選択肢は、たったの3つしかありません。
 1.ご両親が掛けてきた保険を継続する(自分で支払う)。
 2.別の保険に加入しなおす。
 3.保険を解約する。

2の選択肢は、消えてしまいました。というか、消えたことを想定しなければならない、ということです。

そうなると、選択肢は2つに絞られます。でも、実際には1つでしょう。「保険に加入できない」という状況に陥ってしまうと、簡単に解約なんてできませんよね?

つまり、ご両親が掛けてきてくださった保険を継続する以外にありません。しかし、その保険は自分に合ったものではないと。

もしかしたら、先に述べたように更新型の保険かも知れません。そうなると、それ以降の保険料はもっともっと高くなる可能性がありますね。

もしかしたら、必要な保障が途中で切れてしまう保険かも知れません。それがどのくらい『コワい』ことなのか、分かりますか?

もしかしたら、その保険はあなたのご家族を守るには不十分な内容かもしれません。どの程度の保障が妥当なのか、相談して加入したものですか?

もしかしたら・・・挙げたらキリがありません。


今日の記事、少しくらいはお役に立てましたでしょうか・・・?
できたらクリックしていただけると嬉しいです。 ⇒人気ブログランキングへ

コメント、トラックバックはご自由にどうぞ。
(こちらの判断で削除させていただく場合があります、ご了承ください)

もっと保険に関する情報をお探しなら・・・⇒保険の情報探し!


ぽるとのおすすめ紹介

● 相談だけでもいい保険サイト
「生命保険の相談をしてみたいけど、しつこく勧誘されそうで・・・」。そのような心配をされている方に人気のサイトです。ネット上で、匿名で無料相談をができるサービスです。お名前、ご住所、お電話番号など個人情報を問われないので、「本当に相談だけ・・・」という方におすすめです。生命保険の相談は、先延ばしにしても何ひとつ良いことはありません。気軽に、早めに相談してみましょう。

●  今すぐ役立つ営業トーク
高額なセミナーに参加するくらいなら、こちらのトークを身につけたほうがずっといいです。『自分自身のため』よりも『お客さまのため』に身につけるべきトークです。100%は無理ですが、決定率90%程度ならクリアできると思います。また、紹介依頼をしなくても本当に雪崩のようにご紹介をいただけるようになりました(決して大袈裟ではありません)。

● 「デキる」営業マニュアル
『お客さまのために』デキる営業マンになりませんか?私は目指してます。半端なテクニック論や自分本位の飛び込み、テレアポ・・・ご迷惑となりますから。

posted by ぽると at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  • seo

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。