ぽるとのおすすめ紹介

● 保険見直しのプロ集団『保険の優等生』
生命保険の無料相談ができるサービスです。新規加入から見直しまで、保険はプロに相談する時代です。

●  今すぐ使える生命保険営業トーク
高額なセミナーに参加するくらいなら、こちらのトークを身につけたほうがずっといいです。『自分自身のため』よりも『お客さまのため』に身につけるべきトークです。⇒レビュー

● 「デキる」営業マニュアル
『お客さまのために』デキる営業マンになりませんか?私は目指してます。半端なテクニック論や自分本位の飛び込み、テレアポ・・・ご迷惑となりますから。

2009年03月06日

下品な・・・業界の恥!&営業のヒント

人気blogランキングに参加しています。 ⇒ 現在の順位
人気ブログランキングへ ←クリックしていただくと一票入ります。どうぞよろしくお願いします。


ファミレスなんかに行くと、保険の仕事をしている方に遭遇することが多いです。そしてわざわざ、近くに陣取るのが私です(笑)。

今日は午前中の仕事を終え、さてランチでも食べようかなと、某ファミレスに行ったんです。

でね、「おぉ!あれは保険のおばちゃん集団じゃありませんか〜」と思って、いつも通り隣の席を確保しました。

この予想は的中しまして、お持ちの資料からどこの保険会社なのかは分かりました。その時4人も集まってたってことは、一番近くのあの営業所の方々なのでしょう。

はじめはその4人の方々で・・・年齢は40代後半から50代の方々ですけどね、普通に雑談されてたんですけど。

そのあとに2人合流しまして、2人とも30代後半くらいかな?見た目はそのくらいの方だったんですが、合流するなり・・・

「○○○生命、ちょームカつくー!!」って、アナタ・・・そんな、隣に座ってなくても聞こえちゃうくらいに声張り上げちゃってまぁ。

どうやら提案中のお客さまが、ちょうど○○○生命の方からも提案を受け、結局はその○○○生命の保険に加入したみたいなんですよ。

そこまで荒れることですか。お客さま、○○○生命を選んでよかったねぇ(笑)。私なら、そんなあなたからは加入したくないですね。

周りの仲間たちも仲間たちで、一緒になって文句ですか。あなた方のお客さまが見てたら、どう思うんでしょう?いや、見てなくても、こんな話をする人だなんて知ったら、どう思うんでしょうかね?

そりゃあさ、文句言いたくなることだってあるでしょう。だけどこんな、人が集まる場所で・・・周りの方に聞こえちゃうような声で言うようなことじゃないでしょ?

あなたの会社の契約者数から考えれば、隣の方(私の逆)があなたの会社の契約者さまの可能性だってありますよ。このお店の中に、あなたの会社の契約者さま、きっと1人や2人どころじゃないでしょ?

どこかの会社と同時に提案して、結局自分のご提案は受け入れていただけなかった・・・そんな経験は私にもあるし、業界問わず、営業の方なら経験のあることだと思います。

何年か前のお話。私は引っ越しをするためにお部屋探しをしていました。その中で、気になったのは2件。別の不動産屋さんだったので、2人の営業さんに案内していただきました。

2つの物件を見て、最初に見た物件のほうが良かったので、2件目を見たときにはすでに心は決まっていました。

決まってたんだけど、その場では2件目に案内してくださった営業さんには言いづらくて、「決めたら電話します」と言って別れました。

翌日、「申し訳ないんですが、もう1つの方に決めました。せっかくご案内してくださったのにすみません」という感じで、電話でお断りを入れたんです。

そしたら、その営業さんはこう言いました。

「いえいえ、いい物件だったんですね。よかったじゃないですか〜おめでとうございます!」

私も10年営業の仕事してるから分かります。この「おめでとうございます」という言葉には、嫌味などは感じられませんでした。もちろん心の中では、残念な気持ちもあったと思います。

だけどこの言葉をいただいて以降、私も一人の営業マンとして、考え方が変わったというか、ものすごく営業のヒントをいただいた気がします。

不動産営業っていうのはよく考えてみれば、いつだって他社とバッティングがあります。しかも、『営業力』だけではなく『物件の魅力』も兼ね備えていなければ、選んでいただけない。

保険の場合はどうでしょうかね。保険業界の方でなければ分からないかも知れないですけど、どの会社の商品を選ぼうが、実際にはそんなに大差はないですよ。

細かい違いはあります。提案の幅を広げるために、細かいニーズにお応えするために、私は複数社を取り扱っているけれど、『骨組み』の部分をみれば、どの保険会社だって大して変わりはありません。

だから、お客さまに選んでいただけなかった理由は・・・そういうことなんじゃないですか?

あなたが保険の仕事をしているなんてこと、会話が聞こえたら誰だって分かってしまいます。世間さまがあなたの評価だけを下げるならいいですが、「保険屋ってのは下品な会話をするなぁ」って思う人だっているはずですよ。保険業界全体の評価が下がりますってば。

ただでさえ高いとはいえないのに。


今日の記事、少しくらいはお役に立てましたでしょうか・・・?
できたらクリックしていただけると嬉しいです。 ⇒人気ブログランキングへ

コメント、トラックバックはご自由にどうぞ。
(こちらの判断で削除させていただく場合があります、ご了承ください)

もっと保険に関する情報をお探しなら・・・⇒保険の情報探し!


ぽるとのおすすめ紹介

● 相談だけでもいい保険サイト
「生命保険の相談をしてみたいけど、しつこく勧誘されそうで・・・」。そのような心配をされている方に人気のサイトです。ネット上で、匿名で無料相談をができるサービスです。お名前、ご住所、お電話番号など個人情報を問われないので、「本当に相談だけ・・・」という方におすすめです。生命保険の相談は、先延ばしにしても何ひとつ良いことはありません。気軽に、早めに相談してみましょう。

●  今すぐ役立つ営業トーク
高額なセミナーに参加するくらいなら、こちらのトークを身につけたほうがずっといいです。『自分自身のため』よりも『お客さまのため』に身につけるべきトークです。100%は無理ですが、決定率90%程度ならクリアできると思います。また、紹介依頼をしなくても本当に雪崩のようにご紹介をいただけるようになりました(決して大袈裟ではありません)。

● 「デキる」営業マニュアル
『お客さまのために』デキる営業マンになりませんか?私は目指してます。半端なテクニック論や自分本位の飛び込み、テレアポ・・・ご迷惑となりますから。

posted by ぽると at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
  • seo

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。